top of page
検索
  • 大西美里

pen labo blog #9 大人から見ると「え?」と感じることの多い子どもの文章について

夏休みに読書感想文の講座を受講してくれた小学2年生の子のお母様から、うれしいご報告をいただきました! なんと、藤沢市の読書感想文コンクールで佳作入選されたとのこと✨


アイディア出しの時点で、目の付けどころがおもしろいな〜と感じていましたし、構成を考える作業も、文章を書くのもノリノリだったので、楽しんで書いたことが読む人に伝わったのかな、とうれしく思いました。


そもそも、やってもやらなくてもいい読書感想文を書きたいと言ったのは子ども本人だそうで。

きっとご家庭での日頃の声がけがすばらしいんだろうなと思い、お母様に、文章を書くことに関して、普段お子様への声がけなどで意識されていることはありますか? と伺ってみました。

そして、いただいたお返事がこちらです↓


〜〜〜〜〜

大人から見ると「え?」と感じることの多い子どもの文章(笑) 何が正しいのか正解のない子育てだからこそ、「わたし(親)は先生ではない」と意識して、子どもが一生懸命書いたこと、子どもらしくてかわいい!おもしろい!と感じたところを褒め、その上で、なぜそう思ったのかなど、子どもの気持ちや考えを聞き出すことを意識しています。

〜〜〜〜〜


本当にお母様のおっしゃる通りで、子どもの文章を大人が読むと、もっとこうすればいいのに、もっとこういうことを書いたらいいのに、そもそも文章の書き方がなっていない……などなど、足りない部分がたーくさん目に付いてしまうかと思います。

でも、それを直していこう、という方向性の声がけはあまりしない方がよいと思います。書くとなんか色々言われて面倒くさい→書くの嫌い、という認識を持つようになってしまったら、もったいないですから。

逆に、子どもの書いた文章をきっかけに、親子間で楽しい会話が生まれれば、子どもは書くことに対してポジティブな気持ちになれ、書くことに抵抗がなくなれば、どんどん書くから上達もする。この好循環のサイクルに入れると、一番いいですよね。


ちなみに、私が普段作文の添削をする際に意識しているのは、次の4点です。

① 興味のある態度を示す

(これは別にフリというわけではなく、実際に興味があるわけですが、それが伝わるように反応するということ)

② ほめ言葉は具体的に

(前と比べて良くなったところなど)

③ アドバイスは一度にたくさん言わない

(改善すべき点が10あったら、伝えるのはそのうち1つか2つ)

④ なるべく否定形を使わない

(よく意味のわからない文章があった場合、「ここわかりにくいね」とは言わず、「ねえねえ、きいてみたいところがあるんだけど」と言って説明を促す)


今回の読書感想文は、子ども本人はもちろんのこと、私も選ばれることを目指した指導は一切していません。

でも、結果として入選したことは、子どもの自信にもつながるでしょうし、とても喜ばしいことです。これをきっかけに、書くことをますます好きになってくれたら、何よりうれしく思います😊

閲覧数:43回0件のコメント

最新記事

すべて表示

pen labo blog #10 中学受験、第一志望校合格!

この2月に中学受験を終えた生徒さんから、先日うれしいお手紙とプレゼントが届きました。 なんと、第一志望校の洗足学園に見事合格! おめでとうございます!! 合格のご報告はすでにいただいていましたが、わざわざお手紙を書いて送ってくれてとっても嬉しかったので、ご本人とお母様の許可をいただき、こちらに全文をご紹介させていただきます。 ******* 大西先生へ お久しぶりです。この度第一志望校の洗足学園に

pen labo blog #8 祝一周年★ pen labo の歩み

pen laboがスタートして、今日でちょうど一年になりました。この一年を振り返って思うのは、本当にたくさんの出会いに恵まれ、そしてその出会いに支えられ、引っ張ってもらいながら、ここまで歩んでこられたということ。皆さま本当にありがとうございます。 この一年でpen laboは、ありがたいことに、スタートした当初には想像もしていなかったような形にまで発展することができました(もちろん、まだまだ途上で

pen labo blog #7 「自立学習」ではなく「自主学習」を

よく世間では「自立学習」という言い方がなされますが、学習をする上で大切なのは「自立性」ではなく「自主性」ではないかと、私は常々思っています。 試しに「自立」と辞書を引いてみると、「他人の助けを借りずに自分一人の力だけで物事を行うこと」と出てきます。何かを学ぶとき、他人の助けを借りずにできるようになることが、果たしてそんなに重要でしょうか。学びという行為は、学生時代に限らず、生涯に渡ってするものです

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page